「歯科衛生士にならなきゃよかった」

 

歯科衛生士として、働いているとそんなことを感じる事も多いでしょう。

  • 院長や先輩と合わずに職場の人間関係に不満がある
  • 衛生管理がずさんなどの職場環境に不満がある
  • 歯科衛生士が範囲外の仕事もやらされ、仕事内容に不満がある
  • 院長や医師からのパワハラ・モラハラが辛い
  • サービス残業が多い。また社会保険に入れないなど給与・待遇面に不満がある

などなど。はじめはとにかく我慢と思っていましたが我慢にも限界があります。
前の職場で働いている時、私もいつもそんなことを感じていました。

 

しかし我慢していても、労働環境が良くなったり、回りが変わってい事はほとんどないです。
そう思った私は思い切って、転職しました。

 

おかげで今の職場と出会い、ストレスもなく定時で退社する事もでき、社会保険にもしっかりと加入する事ができました。
それまで我慢していたストレスも無くなり、今は心の平穏が保てて本当に良かった!と言えます。

 

このブログにたどり着いたあなたは「歯科衛生士にならなきゃよかった」と強く思っているでしょう。
その気持ちは痛いほど、分かります。

 

思い切って「転職」を考えている人も多いかもしれません。
ここでは、私がホワイト職場を見つけた方法をご紹介してしょう。

 

後悔しないように事前に調査や見学をしておく

歯科医院によっても就業規則や条件、待遇の良し悪しは異なるほか、職場の雰囲気や人間関係は実際に働いてみないと分からないものです。
しかし、せっかく新しい勤務地で働くならより良い条件のもとで働きたいと考えるのは当然のこと。

 

そこで就職前の段階でさまざまな歯科医院を調査し、可能であれば職場見学に参加してみることです。
また、実際の職場を見学することで、おおよその雰囲気が把握できるかもしれません。

 

歯科医や歯科衛生士、歯科助手の表情がいきいきとして、積極的にコミュニケーションをとりながら良好なチームワークで連携できている職場は働きやすい可能性が高いといえるでしょう。

 

歯科衛生士は深刻な人手不足が続いており、多くの歯科医院で専門資格をもった人材を募集しています。
そのような状況だからこそ、働きやすい職場づくりに力を入れている歯科医院も少なくありません
では、どうやってそんな医院をみつけるかですよね。
私は歯科衛生士の転職の専門サイトを利用しました。

 

歯科衛生士の転職の専門サイトを利用する

 

歯科衛生士でホワイト企業に転職する為に1番のポイントは「JobBuddy 歯科」を利用する事です。

 

「転職サイトなんてどれも一緒じゃない?」

 

なんて思う人もいるでしょう。
私が今のホワイト企業に転職できたのは「JobBuddy 歯科」が親身に相談に乗ってくれて、働く前に職場の様子を詳しく教えてくれたからです。
「JobBuddy 歯科」の4つの特徴をご紹介しましょう。

「JobBuddy 歯科」には限定求人が多数あります。
また一人一人に担当者がついてくれてなんでもく相談に乗ってくれます。またレスポンスも早い
そして利用料金は無料
匿名で求人に申し込めますので、今の職場にバレる事はありません。

 

私が今のホワイト企業を見つけられたのは「JobBuddy 歯科」の担当さんのおかげです。

 

今すぐ無料で転職相談する

 

利用者の声

 

法人内の医院間の移動が多く、患者の担当になりづらかったのですが、医院間移動が無く、担当患者をしっかり診療できる医院に転職して最低保証も高額の医院がみつかりました。

 

元々興味のあった審美歯科での勤務で年収UPが出来て転職出来ました

 

患者数が多く、流れ作業のように診察している医院につかれてしまい、「JobBuddy 歯科」を利用しました。一人一人の患者様に寄り添った診療の出来る医院に転職ができ、年収もUPしました。

 

利用者から良く頂く質問

 

今すぐ転職しなくても、、、、

いますぐ転職する気はないし、、、、。
なんて人もいるでしょう。
そんな方にも「JobBuddy 歯科」はお勧めですよ。

 

「現在の自分の市場価値を知りたい」
「もし転職したら自分の経験だとどの程度の給料が貰えるのか知りたい」

 

なんて人も大歓迎です!
「JobBuddy 歯科」で自分の給料が適正化見て貰いましょう。
転職の必要がないといった選択肢を含めて回答してくれます。

 

自分の適正な市場価値が分かれば「歯科衛生士にならなきゃよかった」という思いもかなり薄れると思います。
そして満足できるところがあれば転職すればいいかと思いますよ。

 

まずは気軽に無料相談をはじめてみましょう。

 

今すぐ無料で転職相談する

 

まとめ

歯科衛生士にならなきゃよかったと思ったら転院を検討しよう。
転院する際は事前の調査や見学を十分にやろう
転職サイトは「JobBuddy 歯科」がおすすめ。
非公開の案件が多数あり一人一人に担当者がついてくれて、親身に相談にのってくれる。

TOPへ