他院から転院してきた患者さんのお話を聞いていると、
前の歯医者で
「レントゲンを撮ラレテ」
「歯を削ラレテ」
「神経を抜かレテ」
「歯を抜かレテ」
と、〇〇サレテ・・・
と、まるで被害でも受けたかのような
表現をなさる方がたまにいらっしゃいます。

 

うーん。
前の先生がどんな先生だったか知りませんが、
基本的に患者さんに危害を加える意図を持った先生は居ないのでは?

 

恐らく、説明不足が原因なんでしょうね〜。
いきなり、メキメキ・ゴリゴリ、治療するからだと思います。

 

先ずは「説明(インフォームドコンセント)」!
患者さんの状態、治療の必要性、治療希望の有無。
治療しなかった場合のリスク。
そして、当院得意の「ありのままに、正直に」
出来ることは出来る、出来ないことは出来ないと正直に説明。
出来ない場合は、出来ないなりの対処法。

 

他院には興味ありませんが、恐らく多忙にて説明不足のまま
患者さんの承諾なしに治療しちゃってるから、「〇〇サレタ」
になってるのではないでしょうか?

 

当院では、インフォームドコンセント(説明と同意)を尊重します。
それゆえ、初診日には説明のみで治療に至らない場合もあります。
でも考えて下さい。歯の治療に限った話ではありません。
「これは良いハナシだ!」と思っても、
歯の治療じゃなくても、即断即決即実行が必ずしも良い結果になりますか?
悪徳商法じゃあるまいし。
急性症状(今現在スゲー痛い!前歯が取れた!)とかじゃなければ、
ヘビーな治療方針の場合は一度家に持ち帰って、
良く考えてから治療を受けるのもアリだと思います。

 

当院も「〇〇サレタ」と言われたくないので、治療の押し売りはしません。
どんな業界でも、「いま決めろ!」「自分じゃ決められないの?」
みたいなキメゼリフで捲し立てるパターンはあります。

 

当院は患者さんにゆる〜い歯医者ですし悪徳業者でもないので、
十分説明の上、一緒に考えて、患者さんの決断を待ちます。

 

場合によりますが、いきなりゴリゴリ始まらないので安心して下さい。

TOPへ