患者さんは歯が痛くなったり、歯周病、

 

口臭が気になるなど、様々な悩みを持っています。

 

でも、なかなか歯医者へ行気がしない。

 

当たり前です。好き好んで歯医者へ行く方もいますが、

 

大抵は行きたくないところ、なハズです。

 

歯医者って何なの?治療って何なの?何されるの?

 

保険と自費で何が違うの?保険で十分治るのになあ・・・。

 

どうしたら患者さんに分かってもらえるかな・・・。

 

と考えながらNETを徘徊していたら面白い動画を見つけました。

 

「古文」の塾講師先生の動画なんですが、

 

「古文て何なの?」を「歯医者て何なの?」に置き換えて

 

観ると面白いです。

 

そもそも、何で歯が痛くなるの?歯医者って何者なの?

 

何してくれるの?何で治るの?

 

この動画を作った方には敵いそうもありませんが、

 

要は「説明」なんですよね。

 

例えば医者に「心臓病です」とか「脳血管障害です」とか言われたら

 

何も分からないので「先生、宜しくお願いします!」となります。

 

しかし、歯科治療だと、なんとなく自分でも分かる気がしちゃうんですよね。

 

虫歯削るんでしょ?詰めるんでしょ?治るんでしょ?みたいな。

 

とんでもない、患者さんのカンチガイです(失礼、でもホント)。

 

考えて下さい、「設備全部貸すから友達に治してもらってね」と言われて

 

出来ますか?出来ないですよね。だって、知識も技術も無いんですから。

 

「歯のことくらい分かる・命に関係ない。」って思っちゃうんですよね。

 

気持ちは理解できます。でもね・・・。

 

でも歯科医学って「医学」なんで、素人が分からくて当然なんですよね。

 

分からないから歯医者に頼るんでしょ?

 

まず、その大前提を理解した上で当院を選んで下さい。

 

例:自己診断で「自分は歯髄炎だから抜髄してくれ」と言われても「お断り」します。

 

歯科医師の診査診断、画像診断の元、適正な処置を提案します。

 

気に入らなければ他の医院へどうぞ。

 

「NETにはこう書いてあった」的な知識は「門前の小僧習わぬ経を読む」以下です。

 

歯科医師は歯科疾患治療の為に6年間学んで、国家試験に合格して治療します。

 

しかし、歯医者にとっては当たり前の事を説明不足で

 

いきなりゴリゴリ始めるから「歯医者嫌い」になるんですよね。

 

そして何ですぐに治らないの?何で何回も通うの?となるワケです。

 

当院では常識の範囲内ではありますが、極力、説明を重視します。

TOPへ