(稀な話しですよ)

 

歯科医師禅問答というより、

 

歯科受診禅問答と言うべきでしょうか?

 

いわゆる「歯医者あるある」です。

 

歯科医師(の多くは)は患者さんの歯の健康を願っているハズです。

 

歯科医院へ来る患者さんは、初診時は悩みがあります。

 

「痛い」「前歯が折れた」など、ご自身がお困りの事です。

 

問題はそれが治ってからです。

 

歯科医師は口腔内をくまなく検査し、

 

元々困っていたこと以外にも問題を発見します。

 

すると、本来困っていたことが治っても他の悪い所を治そうと思い

 

「ではここにも悪い所があるので次回治しましょう」と言いたくなります。

 

そこで、稀に「禅問答」が始まる場合があります。

 

例を挙げます(当院でごくごく稀に起きる事象の場合)。

 

患者:「そこも治さなきゃいけないんですか?まだ通うんですか?

 

仕事もあるしそんなに通えません」(すごく嫌そうに)

 

歯医者:「ああそうですか、別に治さなくてもいいですよ」(あっさり)

 

患者:「治さないとどうなりますか?」

 

歯医者:「いずれ痛くなって、神経取ったり大事になりますね」

 

患者:「じゃあ治さなきゃいけないんじゃないんですか?」

 

歯医者:「だって、通えないんでしょ?あなたの意見を尊重します」

 

みたいな。

 

わかりますか?歯科医師側も辛いんですよ。

 

歯科医院にもよるのでしょうが、治療の押し売りも良くないですよね。

 

でも、知っていて伝えないのも良くない。

 

当院では患者さんが望む通り、思った通りに

 

「そこだけ治してくれればいい、これで終わりにしてくれ」と

 

言って頂ければ、それで構わないんですよ。

 

(もちろん「悪い所は全て治して欲しい」は最善ですが。)

 

禅問答バトルをする必要なんてないんです。

 

でも、その代わりに後でどうなっても文句言わないで下さいね。

 

当院では、可能な限り情報提供しますが、治療を受けるかどうかは

 

患者さんの「自由」です。

 

困る度に来て頂いても構いません。

 

全て治して定期メンテナンスを受けても構いません。

 

どちらを選んでも偏見も差別もしません。

 

タブーというか、他の歯医者が言いたくて言えないことを

 

ハッキリ申し上げているつもりです。

TOPへ