脅かしたり、威張る気持ちじゃないですよ。

 

歯科疾患を軽んじている一部の患者さんへのメッセージです。

 

昨今、「医者では死ぬけど、歯医者では死なない。」

 

ゆえに、主導権は歯医者ではなく患者にある。

 

みたいな感覚の患者さんが増えているように思います。

 

「まだレントゲンはとらなくていいよ」

 

「痛くなったら来るから今は治療しなくていいよ」

 

気持ちは、よーーく解ります。

 

だから当院では、レントゲンや検査や治療の押し売りはしません。

 

だって、歯医者で死ぬわけないんでしょ・・・?

 

ところが、ナメてると歯科での死亡例は実際は多々あるんですよね。

 

例をいくつか。

 

・抜歯後出血による窒息死

 

歯を抜いた後、注意事項がありますよね。

 

運動、お酒、過剰なうがい、お風呂は控えてね、みたいな。

 

抜歯後、じわじわ出血は必ずあります。注意事項を守れば大丈夫です。

 

しかし、ついついお酒飲んじゃいました、お風呂入っちゃいました。

 

すると就寝後にじわじわ出血があり、さらに不幸にも血液が食道ではなく

 

気道に入った場合は窒息死します。

 

・敗血症による死亡例

 

抜歯後や急性化膿性炎症において、「歯で死ぬわけないや」と

 

歯科医師の指示に従わなく、菌が全身に回り免疫が負けて点滴等の

 

抗菌薬投与が間に合わなかった場合、最悪は死亡です。

 

この例では、年齢や持病の有無は関係なくあり得ます。

 

・口腔癌

 

口腔癌は癌全体の2%程度しかありませんが、死亡率は80%以上です。

 

理由は「発見が遅れて手遅れになるから」です。

 

何だか変だ、何かオカシイ。でも痛くないしまあいいか。

 

口腔内の違和感や不快感はたくさんあります。

 

理由になる病名も多数あります。その中で最悪、癌だったとしても、

 

癌全体の2%程度ですから、罹患の可能性は極めて低いと言えます。

 

しかし、ピンチになってから受診し、口腔外科へ紹介され

 

不幸にも悪性(癌)だった場合の死亡率は80%以上です。

 

 

 

今回は、歯医者の病気でも死ぬことあるんですよ。

 

と、啓蒙のつもりで書きました。

 

患者さんを脅かすつもりはありません。

 

ただ、「そういう事もあるんだなー」と覚えておいてください。

 

このブログを読んで、カチンときた方にはウチよりもっと向いている

 

歯科医院があると思います。

 

当院は、本気で真面目に歯科受診したい患者さんには

 

「命懸けで」真摯に対応致します。

 

患者さんの喜ぶ事ばかり言って、憎まれ口を言わず、

 

ハイハイと診療する方が1000倍ラクチンなんですよ。

TOPへ