あなたは、歯にトラブルがあり歯医者へ行きます。

 

ここで、誤解を招かない為にお伝えしたいことがあります。

 

「全ての医療行為は歯科医師しか行ってはならない」

 

は間違いです。

 

歯科衛生士に「後はお願いね」と言って一旦去る歯科医。

 

これは歯科衛生士に国家が与えた行為を任せて去っているのです。

 

歯科助手ならば無資格なのでNGです。

 

しかし、歯科衛生士ならば、かなりの医療行為が認められています。

 

看護師さんが予防注射や採血するのと同じです。

 

出来ること/出来ないこと、は法律で定められています。

 

 

 

「法律で認められている/いない」以上に、当院の歯科衛生士は

 

血の滲む学習・研鑽の元、過剰なほどの知識と技術があります。

 

 

 

銀歯等を装着した後にはみ出たセメントの除去、歯石除去、

 

入院患者さんの口腔ケア、口腔衛生指導、etc・・・。

 

歯周病の検査等、歯科衛生士が公に行ってよい行為は非常に多いです。

 

一方で、診断、薬の処方、X線撮影をして良いのは歯科医師のみです。

 

要は、コンプライアンスを遵守しているかどうか、

 

これに尽きるのです。

 

 

 

そして医療行為後には必ず歯科医師が確認を行います。

TOPへ