あなたの人生、私も含めて「決断」の連続です。

 

小さいことから言えば、朝起きて顔洗うかトイレに行くか、どっち先?

 

買い物、どこのスーパー行く?カスミ?とりせん?

 

ソフトクリームは、バニラ?チョコ?

 

休日は出かける?イーアス?イオン?

 

あるいは寝てる、テレビ見て休む?

 

気付かないうちに、常に「決断」しながら生きてるんです。

 

でも、例えば「たぶん歯にトラブル起きた」歯医者行こうかな、でも行きたくない。

 

ちょっと「決断」のレベルがUPしますよね。

 

さらに、行くならどこ?家族に相談、友達に電話、スマホで検索・・・。

 

ここで重要なのが、普通の人はこの「決断」をマルバツ方式(○/×)で考えちゃう。

 

「失敗したらどうしよう」「もっと良い歯医者あったかも」

 

しかーし!忘れてる「決断」の選択肢があります。それは・・・。

 

「歯医者なんか行かない」という「行動をとらない」という「決断」。

 

「行動をとらない」という「行動」です。

 

そして、案外多くの方がこの選択をしており、ウルトラピンチになってから行くんです。

 

当たり前ですが、誰でもマルの選択肢を探して、バツは避けたいと考えている。

 

そして、悩んでるウチに「行動をとらない」という「決断」をする。

 

ただ、覚えておいて欲しいのは、「行動」には「結果」が伴います。

 

もちろん、「行動をとらない」という「行動」を選んだ人にも「結果」が伴います。

 

歯が治らないって結果で、さらに場合によっては後々本当に後悔することも有り得ます。

 

ところが、これが難しいところで、人生には100%マルって選択肢は無いんですよ。

 

つまり、何か一つ気に入らないと99%マルでも「バツだったー!」ってなるんです。

 

マルを選んでおけば全てが100%思い通り行ったのに、バツ選んじゃったよ!ってね。

 

他の日々日常の、常に「決断」してる「行動」を思い出して下さい。

 

落ち着いて普通に考えて下さい。人生に100%のマルな選択ってありますかね?

 

本当は少々のバツはあるんですが、日常生活にまでバツつけると気が狂うんで

 

スルーしてるだけで、案外とバツ選んじゃってる事多くないですか?

 

ダメージが少ないから忘れてるだけですよね。

 

何が言いたいかというと、何を選んでも100%人生に満足してる人って

 

居ないんじゃないかな?って事です。

 

こうすればすべてが100%満足できるってマルも無いし、

 

逆もまた真なり。現実、よほどの致命的なバツはなかなか無いですよ。

 

悩んだら、「決断」による「結果」のリスクを大・中・小に分けてみてください。

 

だってさ「あ、間違えたと」思たら方向修正出来るじゃないですか。

 

ソフトクリームでバニラで後悔したら命に関わりますか?

 

結婚とか転職で後悔したら・・・リスク大ですね。

 

歯医者選びも同じ。ただ、本当に大失敗した時にダメージが大きいので

 

「決断」に時間がかかるのは理解できます。

 

しかし「行動をとらない」という「行動」を「決断」した人の「結果」、

 

待っているダメージは想像を遙かに超えて甚大です。

 

あと、1回かかったら歯医者を変えられないという決まりはありません。

 

当院に来た後に、他へ行く方もおられます。

 

当院でなくても、困ってるなら行った方が良いと個人的には考えます。

 

今回は、啓蒙のつもりのブログで、当院アピールではありませんでしたが、

 

「行動をとらない」という「決断」は時として後々後悔する場合もあると覚えてくださいね。

 

これは、歯医者に限った事ではありません。

 

何でも、やってみないとわかりませんよ。

TOPへ