むし歯を取ったあと金属で治療するには健康保険が適用されます。
広く誰でも安価にむし歯治療が受けられるということは欧米諸国と違い、日本独特の制度の良い所でしょう。
しかしながら歯科で用いる金属、いわゆる『銀歯』とはPd、Ag、Au、Niなどなどたくさんによる合金であり、金属は口の中で徐々に溶けるため金属アレルギーを発生することがあります。
数十年悩んでいた手の水疱が金属を除去したら、不思議なほどすぐに改善されたという事例を私も臨床の場で何度か経験しております。
下記は金属アレルギー患者さんの金属を除去して、歯科用樹脂で置き換えた状態です。
見た目が自然になるだけでなく、金属アレルギーの心配が無くなることは良いですね。

TOPへ